高松発足の鉄拳チーム!
by poppotai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
☆ 更新履歴 ☆
8/11 対戦動画アップ!

★リンク★
ina tekken
No Respect
逆境☆ナイン
true life
These Days
マーシャル喧嘩組
鉄鯨旅団
高松掲示板
リダ奇行
AYABEE's PAGE
ピポlog

※高松に遠征の際は、
お気軽にBBSへ書き込んで下さい!

☆相互リンク募集中!
当サイトはリンクフリー。

*QR Code

カテゴリ
ポッポ隊 メンバー紹介
B B S
ポッポ隊員の日記帳
ポッポ隊ムービー集
横天 デビル攻略
横天ガンプラ旅。
高松の鉄拳プレイヤーたち
高知の鉄拳プレイヤーたち
隊員の方々へ
以前の記事
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
☆横天☆全ての素晴らしい三島使いに、ロシアより愛をこめて・・
この何日か前に、ようやく「デスノート ロサンゼルスBB殺人事件」の
小説ゲットでき、うかれてました。
とりあえず完読しましたが、内容は読者の予想を普通に裏切るもので、
かなりいい出来のストーリーだと思うので、ぜひ皆様も読んでみては。



今日はとくお様がご来日。慶LEE、デルくん、といった姫路のプレイヤーが
襲来してました。

対戦内容とかは、デルくんと結構やって、仁とかで頑張ってみるもの、
やっぱデビルのキャラ性能にたよっていた私はさっくり仁お通夜w

自分のメインであるデビルの強化を図るがため、仁を使っていて、
見えないとこの強化に挑んでみました。

そしてデビルを久しぶりに対戦で使うと、やはり待ちに関しての見え方が
変わっていて、見るところの観点に余裕が生まれていた感じになってた。

もともと攻めるということに関しては、デビルがメインの自分にとって
それなりに出来てた気がするんだけど、待つという理論を追求したくて
仁で頑張ってみたりです。

人それぞれではありますが、仁を使ってみて、普段の戦い方では
攻めると言うことに、デビルと技の当て方が似ているのですが、
ダメージの劣化がデビルにくらべて、あまりにも激しいので
結果、待つのと暴れを有効的にした、戦い方が仁にはベストだと思いました。


これは個人的な意見ですけどね。



闘劇の本で、メンリュウ氏が「待ってる奴に未来はない」と発言しておりますが、
自分もこの意見には同意であります。
三島使いである以上、攻めないと削られて減らされるだけという理論でしょうかね。

同意です。

ただ、一つ思うのはそういう駆け引きの中に、かならず「待つ」という要素があって
攻める事も成り立っているということだと思い、自分が今できている攻めが70%
の事であるなら、待ちはどれくらいの完成度で出来ているんだろうか・・という事に
気が付き、実際自分の思ったことは、仁という火力の少ないキャラを使ってみて
30か20%ほどだと感じました。

以外と出来てないw


なので攻撃力は大体問題無いとこなら、防御力の強化しかないかなと・・

そして仁を使って防御に対しての理論を固めはじめた結果、
デビルを使ったときに更に攻めに繋がる理論が増えてて、
今までよりも合わせに関して敏感になってきた感じがしてました。


メンリュウ氏の「待ってる奴に未来はない」という意見はさっきも言ったと思いますが
自分的には同意です。

だからといって待たないから強いというものではなく、自分が生み出した理論は、
「待ち方を知っているからこそ、攻める事に見えるものがある」と同時に、
{攻めるからこそ、待つことに意味が出来る}といった表裏一体な考え方です。

責める知識を生かして思い切って前に出て、火力の大きい二択をしかけ、
ダメージをとる事で、対戦相手になんらかの行動を取らせて、

待ちの知識を生かして、相手の暴れや攻めに対してモーションを予測しておく
用意を冷静に行え、スカした時などに強気に攻める事を生かした攻めや確定を
安定した形でできるようにしておくとか、


だから待ちの知識も重要だし攻める知識も重要なんかなと。


自分自身は攻めれるキャラなので、やはり攻める方に偏ると思うけど、
メンリュウ氏は、待つことを知っているから攻めに勢いがあって
待つことの重要度が分かっているからこそ攻める意味を理解したプレイヤー。

っていうのがメンリュウ氏と過去対戦して自分が思った印象。

また対戦したいと思ってます。

闘劇の本見たから、とりあえず自分の今思ったこと書いてみたくなって
書いてたけどやっぱ長文。


まとめて、自分の理想とするスタイルは、「スタイルを確立させない事」が理想で、

ここで待ち、ここで攻めとか、そういうのを作らずに今回はこれ、今回はあれ、
といったように、アクティブにしておく頭の柔らかさ重視してやってます。

勝てれば、待ちでも攻めでもどっちでもいいんだから形を作らないことがベストかな気がします。

鉄拳を最大限に楽しみたいがゆえに、考えついた事なのかもしれませんね。
ただ基本は自分自身負けず嫌いなので、勝ちながら楽しむのを前提に頑張ろうかと思います。

それでも以前の負けず嫌い度に比べたら60%以上減退してるわw


あくまで、俺は三島使いなのでそれを中心に考えた結果ですけど、
考え方はさらに進化できるなら進化させていければそれに越したことはなくて、
今よりもより真理に近づけたらいいなと思いながらやってみます。


鉄拳をあなどるな、です。


なんか発言がヤバすぎた。

さて眠くなってきたので明日に備えて寝ます。姫路のみなさん明日もよろしくー。
[PR]
by poppotai | 2006-08-30 04:28 | ポッポ隊員の日記帳
<< 横天☆めりこんだ ☆横天☆ >>